新人看護師がぶつかる最初の壁

新人看護師はそれぞれの診療科目に振り分けられた後、その診療科目の専門性を高めていくことになります。
診療科目によっては、覚える用語の種類が大きく変わってくるので注意が必要です。看護学校では習うことのない専門的な医療用語もあるので、国家試験に合格したからといって気を抜いていてはいけません。看護師は常に勉強をし続けなければならない仕事なのです。

医療用語は、毎日の業務の中でごく当たり前に登場するものばかりです。そのため、まずはこの問題をクリアしなければ仕事ができない可能性もあります。
しかも、ただ言葉を暗記すればいいというものでもありません。その医療用語について詳しく調べて、どういった病状や治療法に使うのかも覚えなければなりません。
経験を積んでいくことで自動的に脳にインプットされるので、知らないほうがおかしい、と感じる方もおられるでしょう。しかし、最初は見慣れない用語を覚えるだけでも大変なことです。新人看護師とい言っても、患者さんからすればベテラン看護師と見た目で違いはないので、なるべく早めに覚えて、患者さんに不信感を抱かれないようにしましょう。

毎年のように新しい用語が出てくる点も、医療関係施設に勤務する場合は知っておく必要があります。
新しい病気や治療法が、毎年複数開発されています。薬や医療機器の扱い方も熟知しなければなりません。
深い専門知識が必要だからこそ、若いうちから高収入が得られるというメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.