学習効率と体調の関係性

仕事の都合上、看護師は医療用語を多く覚えなければいけません。特に新人看護師は、仕事で覚えなければならない知識が多くあるため、勉強に苦労しがちです。
しかし新人看護師の中には、勉強に十分に時間をかけているにもかかわらず、なかなか思うように覚えられないと悩んでいる人が多いのです。

医療用語の習得がはかどらない原因の一つとして、勉強に集中するための体調が整えられていないケースが考えられます。脳が集中力を発揮するためには、心身の状態が整っていることが大切です。しかし、看護師の仕事は忙しいため、疲労が体に蓄積して脳も勉強に集中できない事態に陥ってしまいます。

そこで、効率よく医療の勉強を行うには、まず体調管理から心掛けなければなりません。最も重要なのは、十分な睡眠時間を取ることです。
仕事が忙しくて睡眠時間を取れていないという新人看護師が多く、勉強の妨げになっています。

そこで、生活スタイルを見直すことが大切になってきます。
まず、睡眠に必要な時間を確保しましょう。体の疲労も暗記を妨げる要因となるため、休日を利用してリフレッシュすることは欠かせません。
このようなポイントを踏まえて、睡眠時間や体の休息をしっかりと取り、勉強に必要になる体調を整えてから改めて勉強をしてみましょう。意外と、スムーズに記憶ができることに驚くはずです。

仕事が忙しくて勉強がはかどらず焦っている時こそ、落ち着いて体調管理がきちんとできているかどうかを再確認することが大切なのです。
十分体調が整ったら、こちらのサイトを参考に勉強してみてください→ 【新人ナースに贈る医療用語特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.