差が付くAGA治療費

AGAの治療費は、なぜ保険適用外なの?

AGAの治療費が保険適用外ですべて自己負担となるのは、AGAは生命や健康を脅かす病気ではないため、健康保険は不適当という理由からです。
差が付くAGA治療費image
AGAの治療費は、なぜ保険適用外なの?

現在の医療においては、多くの病気が医療保険が適用されており、それらの適用されている病気を治療するためには健康保険を使うことができます。

健康保険を使うことができると、治療にかかる費用のうち支払わなくてはいけない治療費は、全体の治療費の2割か3割で済むので、治療を受けるにあたっての経済的負担は、ぐっと小さくなっています。

ところが、AGAをはじめとして医療保険適用外というものが存在します。

AGAは、遺伝が大きな原因となっていると考えられており、それを治療するためにはAGAも病気の1つと捉えてもいいのではないかという考え方がある中で、AGAはなぜ医療保険が適用される病気ではないのでしょうか。

AGAの治療に保険が適用されないのは、AGAは、直接生命の危険につながるようなものではなかったり、健康の維持に影響を与えるものではなかったりするからです。

AGAは、病気ではなく、美容整形などと同様の治療という位置づけになっているということです。

命や健康にかかわるわけではないことに関しての治療を受けるのだから、医療保険は適用されないという考え方です。

この見解に関しては、さまざまな観点からいろいろな意見があり、AGAの治療も医療保険適用内として治療費の負担を軽減することでAGAの治療を受けやすいものにした方がいいのではないかという意見と、やはり生命の維持のためにかかる治療とAGAの治療を同列に那レベルことはできないという意見があり、現在でもその見解の違いは議論となっています。

今後、どのようになっていくかはわかりませんが、治療が受けやすくなるといいですね。

また、頭皮環境を整えることも予防として大切なことで、まずはその第一歩として抜け毛・育毛のためのシャンプー、育毛剤の「選び方」と「使い方」の正しい知識を知ることが改善の近道でしょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By 差が付くAGA治療費. All Rights Reserved.