ナースステーションで気をつけたいこと

看護師は、患者さんと会話する際に難しくない言葉で話をするように心がけましょう。医療用語をいきなり患者さんに使った場合、理解できずにストレスを与えてしまう可能性があるからです。

必死に医療用語の勉強をして、スムーズに医療関係者とコミュニケーションがとれるように努力するのが、看護師として一般的です。
すると、普段の会話でも医療用を自然と使ってしまうようになり、ナースステーションで医療用語が飛び交うようになります。しかし、ナースステーションにはしばしば患者さんやその家族、お見舞いに来る人たちが足を止める場でもあるので、少し気をつけておく必要があります。
ナースステーションで看護師同士が会話しているのを聞いて、専門用語を聞き違えて誤解を生んでしまうケースがしばしばあるからです。専門用語だけでなく、慣習的に使用している医療用語を理解できず、自分なりに解釈してしまう人もいるので注意が必要です。

特に、大きな病院ではナースステーションが看護師の休憩室も兼ねている場合が多く、気を抜いてしまいがちです。しかし、あくまで患者さんやその他の一般の人に対してオープンな場所であるという認識は欠かさないように注意しましょう。会話の内容を誤解されてしまって、その誤解を解くのに苦労する状況を経験するのはよくあることですが、ナースステーションで使用する言葉にさえ気を遣っていれば予防できます。
普段はできるだけ、一般の人に通じるレベルの言葉で話をするのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.